まだまだ使えるMac mini 2012

売り期を逸した私のMac mini 2012だが、結構使えることがわかった。

OpenCore Legacy Patcherを使うと、まだ最新のMonterey 12.5.1にもアップグレードできているし、ご覧の通り、30Hzながらも4K画面もできている。

43インチモニタだとかなりの圧迫感。時々ファンはサーっと煩くなるが、そこそこ使える速度で動いてくれる。頼もしい限りだ。

CPUもそこそこだし、メモリーも16GBあるし、SSD1TBx2も入ってるし、まだまだ使える。

SSDは1TBをBOOTCAMPでWindows 11、もう1TBにはCatalinaとBig SurとMontereyを1パーティションで共有してマルチブートで使っている。結構便利。

ディスク構成はこんな感じ

起動ディスクで選択して再起動すれば、お望みのOSで再起動できる。もちろんOptionを押しながら起動すれば、その場で起動ディスクを選択できる。
今のところ、全てのOSは最新にアップデート済み。
Venturaが出てきても多分対応してくれることだろう。

画面設定、HDMIは1080p止まり、Thunderbolt(DP)は4K(30Hz)まで指定可能。ただしOSの入れ替え時はHDMI必須

コメント

  1. Mac mini 2012 ってサーマルフロウに問題があってリブートしまくる(これ書いてる最中もなった)んだけどあなたその辺どうしてるの?そっちのほうが重要でしょ
    海外のサイトだとそのネタで持ちきりだったわけで

  • そうなんですか?
    全然知りませんでした。私のMac miniではそのような現象は起きていません。
    インストールしてしばらくはファンが回るほどロードがかかる場面はありましたが、
    確かにそれなりに熱は持っていますが、今は安定しています。
    スリープから復帰できず、再起動してしまう現象は起きていますが、スリープしないようにしたらおちることなく24H稼働しています。

    • 気になったので調べてみましたが、Mac mini 2012の発熱問題は、かなり以前から問題にはなっていますが、これと言ってソフト的な解決策があるわけではないですね。
      そりゃ、10年前のマシンに最新のOSに無理やりアップグレードしているので、今のM1チップなminiと同じことをさせれば熱くなって当然です。
      アドバイスとしては、分解してCPUグリスを高効率なものに塗りなおす、ファンを掃除する。最後は蓋を開けて風を送り込む、などの対策が話し合われています。
      > ステマぶろぐに天誅をさん、
      > 海外のサイトだとそのネタで持ちきりだった
      サイトのリンクを教えていただけませんか?

タイトルとURLをコピーしました